金融機関、消費者金融の学生ローン

国の教育機関のローンが組めないという事なら、金融機関や消費者金融のローンを組むことになりますが、まず知っておくべきことは銀行のローンは利息が国の教育ローンよりは少し高くなりますが、消費者金融と比較すると低いという点、ただし、デメリットとして、必要書類が多く、書類を提出してから実際にお金を利用出来るようになるまで少なくとも1週間くらいはかかるという事です。

これが待てない、また銀行などの金融機関のローンの審査に通過できなかったという場合、消費者金融があります。消費者金融の場合、借入の利率が高くなりますが、メリットは契約しやすい、つまり銀行などよりも審査が通過しやすいという事と、短期間で契約できるので、最短その当日に費用を捻出することも可能という事です。
インターネット申し込み
用意する書類などもそれほど多くないこと、インターネットから申し込みを行い、午前中に審査が通れば、当日午後には指定の口座に振り込まれるというスピーディな点が魅力です。
また消費者金融でも学生ローンの場合、金利は一般の商品よりも低くなっていますし、契約がよりしやすくなっています。

安易にこうしたところでローンを組むという事はできませんが、学校を卒業するという目的をしっかり持っているのなら、利用して卒業まで頑張ってみる方が後悔もないのではないでしょうか。


国の教育ローンについて

国の教育ローンの事も知っておくといいでしょう。教育一般貸付というもので、日本政策金融公庫が募集しています。日本学生支援機構の奨学金との併用も可能なこのローンの魅力は、金利が一般金融機関とは違いかなり低く抑えられているという面です。

学生この国の教育ローンの借り入れ可能額は最高350万円までで、海外留学する場合には450万円までアップします。
金利は年によって違いがありますが、だいたい1.9%前後といった所でしょう。

もしも国の教育ローンを100万円借りた場合、10年間という返済期間が設けられ、毎月9300円の返済を行っていけばいいという事になります。
また学校に在学中は利息の支払いのみとなります。返済期間も長く、毎月の負担も低くなりますので、学生さんにとってとても有利なローンとなるでしょう。

ただ、急ぎという場合に間に合うかどうかという事が問題です。必要書類も多いですし、決済が降りるまでに期間がかかるので、納入が遅れていて学校にせかされているという場合、一旦学校にこういう申し込みを行っているので待ってほしいと相談に行くべきです。学校側も、審査の結果について待ってくれる可能性がありますし、この審査が通過すれば、とりあえず先の学費まで用意できる金額まで借り入れできるので安心でしょう。


まずは学校に確認を

ガスコンロ(生活費イメージ画像)学生ローンというのは学生に特別な金利(通常一般の方よりも低い金利)で貸し付けを行ってくれる学生専用のローンです。
例えば卒業旅行や生活費などにも利用できますし、学費として利用する事が出来ます。
学費の支払いが出来なくなったとき、もしも親御さんの都合、経済状態の急激な悪化などが原因という事なら、こうした学生ローンを利用する事もできますが、まずは学校に相談してみましょう。

学校によっては成績優秀者に対し、授業料の免除などの特別な措置をとる特待生制度などがあります。通常、半期に一回、1年に1回、授業が免除になる特待生の為の試験があります。この制度によって授業料全額、また半分、や1/4程度、免除されるという事もあるでしょう。

また授業料は半期に一回支払うようになっていますが、分納という形で一回の支払額を低くしてもらう事もできますし、少しの間待ってもらう事で両親がお金を用意できるという時には、授業料の延納を認めてくれる事もあります。

どうしても納入できない、学校側の優遇措置を利用出来ないという場合、一度休学するなどして、費用をためて学校に戻ってくるという事もできますが、卒業が伸びることになるので、奨学金を利用していない方は奨学金の検討、奨学金を利用している方は、学生ローンの検討を行う方がいいでしょう。


学費の支払いについて

現金と電卓(アルバイトイメージ画像)ご両親、若しくは学費を出してくれている保護者的な方が、不況という状態から抜け出すことが出来ず、経済的な問題で、大学や専門学校に行く際、費用面が問題となってしまう事もあります。
最近は特に親御さんの経済的事情で上の学校に行くことが出来ない学生が多くなっていますが、奨学金を利用しながら、学費、生活費をプラスアルバイトなどでまかなって生活している学生もいます

学校に行ってから親御さんの経済的な問題から学費が納入できないとなると退学する、若しくは自分でアルバイトなどを行い、学費を捻出する事が必要です。期限までに支払う事が出来ず督促という状態になってしまうと、学生である資格を失ってしまうのです。

とりあえず今滞っている学費をなんとかしないと・・・という事で、学生向けのローン等の契約を考える方も多いのですが、まずは、授業料の免除や分納、延納等いう手段を利用できないか、確認してみましょう。

学校の授業料については、家庭の急激な経済華僑の悪化等確固たる理由がある場合、特別措置をとってくれる事もあります。学生に特別な事情があると認められた場合には、免除、分納、延納等の手段を利用させてくれます。こうしたことを相談してみて、それでも無理、これに当らないという事になれば、学生ローンを考えてみるといいでしょう。

当サイトは学費の支払いに関する学生ローンについてお伝えするサイトです。学生の皆さんがしっかりと学生生活を終える事が出来るように、お役立ていただけたら幸いです。